建設常任委員会を傍聴して (3/15の記事です)(;´Д`)

建設委員会を傍聴。

私は経済委員なので、あくまでも傍聴という立場です。
内容は、建設委員会の報告を市広報等でご確認いただきたいのですが、今回は、私の単純な感想を。

建設関連部署が集まる建設常任委員会は、建築・都市計画・下水道・・・・といった、いわゆる ガテン系な仕事の集まりです。
ゆえに、担当部署の方々は、ほかの委員会に比べて、圧倒的に・・・・いや、 「全員男性!」なのです。
もちろん、実際の担当部署に行ってみると、最近はようやく女性の技師さんを見かけるようになりましたが、
議会に出席する部課長は完璧に男性のみです。
ものすごい異常な風景だと思いました。
岩国市の都市計画が、まったく女性が参画していないのですよ。
まったく女性の意見など入らずに企画されていて、予算が編成されている・・・という感じなのです。
先ほど、担当部署には女性技師がいるとは言いましたが、本当にまだまだ若い技師さんばかり。
ゆえに、この予算編成などに関わっている女性技師は皆無だろうなと想像がつきます。

いいのか?こういう状況で。
市の大型箱ものがどんどんできている中、女性の利用者の方が多いぐらいなのに、その意見は?
変えていこう。きっと。

そう思った委員会でした。