統一地方選後期がスタート

私は周南市で開催されている周南市議選補欠選挙のお手伝いに行きました。
無投票・・・になりそうな気配ではありますが。

投票率が上がらないということはずっと問題視されていましたが、
昨今では、投票すら「できない」という異常事態になってきています。
議員への立候補者がいないのです。

これからの日本を!いや、まずは地域を、自分たちの未来を変えていくためには
まずは政治に参画すること、つまりは投票行動を起こすことなんですが、
それすらもできない状況。

すぐには難しいかもしれません。
ですが、私はこのような状況を変えていきたいと真剣に思っています。
そのためには、まずは市議同士で現状打開のための話をしなければ。
先日より、実際にそのように動き始めています。
岩国の未来が楽しくなるために、今、私たちも動き始めています。